そらは’s diary

ここは私の自由帳 皆さんもコーヒーやお茶を片手にホッと覗いてください〜

恋愛からの学び

本日は珍しい恋愛について。

 

恋愛から学ぶこと。

 

自分に自信がなく、恋愛を長年遠ざけていた時期があった。

 

それでもこんな自信ない自分にも隣にいい人が寄り添ってくれていたのに、それでもその縁にすら気づけなかった。

 

この歳になって無理にでも恋愛しようとはじめは動いていた。

 

 

ある程度チヤホヤされたりする中で、勘違いしながらも表面的な恋愛ごっこをした。

 

けどいつも心では相手を疑ってばかり。

 

 

傷つけもしたのだろうし、傷もたくさんもらった。

 

けど、そんな経験の中からも、人としての魅力を感じる人がいる。

 

自分にないものを持っている人がいる。

 

 

恋愛とは全てタイミングだと思う。

 

魅力的な人と出会ったときに、自分はその魅力に気づけるか、そして気づいた時の自分の持っている適応できる人間性はどこまであるか。

 

仕事においても趣味においても、どこまで自分を磨いているかでその時に相手にする対応が違う気がする。

 

そんなのが無くったって、もちろん恋愛はできるし、運命の人とも出会えるのだと思う。

 

けど、自分が最大限の努力と魅力を持っていたら、きっと相手も同じように最大限の努力や魅力、そして愛を秘めた人に出会って結ばれるのだと思う。

 

 

最近つくづく自分の失敗経験を通して、それを思う。

 

前はそんなことすら思えなかったから、少しは成長したのだと思う。

 

これからも遠道してもいいから、仕事に趣味に、自分の能力を最大限に活用できる人になりたい。

面接。そして人生のターニングポイント。

今回、内定をいただきました。

 

元々やってみたかったプログラミング系のSESの会社です。

 

アプリ開発の案件らしいのです。

 

本当はネットワークの枠だったのですが、何故か話しているうちにアプリ開発で紹介をしてくださりました。

 

初心者でも教育してくれるみたい。

 

ただSESはやっぱり蓋を開けて見るまでわからないところが怖いです。

 

だから、正直まだ安心はできないし、期待もできない。

 

でも既に案件は決まっていそうなので、詳しく聞いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

今回は自分にとって今、人生のターニングポイントだと思っている。

 

方向転換するならまさに今、という地点にいるんだ。

 

 

本当に自分がしたいことは何か、考えてもわからないのですが、前からプログラミングをやりたくて、でもできなくて、諦めていた。

 

今回こそ、そっちに行ってみようかな??と、この会社の面接を通して思ったのですが、見事その会社から内定をいただけたので、、少しだけワクワクしています。

 

 

 

 

失恋や失業を通して、すごい痛い思いをしたけど、だからこそ自分と向き合って、何がいけなかったのか、何が足りないのか、弱い自分とたくさん向き合った。

 

今まで弱い自分から避ける様に生きてきたけど、今回は自分の可能性をもっともっと引き出して生きていきたい。

 

 

たとえそれが効率の悪い生き方だとしても、何が自分に向いているのか、そうでないのか、は行動をしてみないことにはそれすらもわからない。

 

けど、好きなこと、ワクワクすることはきっと1つの大きいヒントだとは思う。

 

 

今まで自分は内にこもっていたいと思っていた。

 

自信がなくて、傷つくのが怖くて。

 

けどこれからはもっともっと外に目を向けたい。

 

出社もなるべくしたいし、トーク力も磨きたい。

 

アルバイトでもしようかな?と思うくらい。

 

 

何より対人にする「表現力」というものを身につけたい。

 

 

だからバンドも続けてみようと思う。

(バンドを最近組み始めて、辛いことがありすぎて、バンドもやめようと思っていました。)

 

 

恥をかいたっていい。周りにもういい歳こいて、と思われたっていい。

 

まだまだ、社会人として成長したいし、人間としても成長したいし、女性としても成長したい。

 

 

今回は痛い経験を通して、人生についてたくさん考えた。

 

どうして自分はいつも壁にぶち当たり前に進めないのかも色々考えた。

 

今こそが大切なターニングポイント。

 

こことどう向き合うかでこの先が変わってくると思う。

 

だからこそ、私は1つずつ、できることをやりたい。

 

逃げずに取り組んでいきたい。

 

そんな気持ちだ。

面接官に思うこと。

その後エージェントに登録していたのですが、そちらからの紹介あった会社を受けてみました。

 

元々本来はIT業界に来るときにプログラミングがしてみたく、実際は違うところの会社に入ってしまい、その道を極めようとしていましたが、案件が全くITのことができず、、、1月頃に転職が成功して辞める旨伝えたら、すごい引き止めに合い、、結果たらい回しにされ、またITの仕事ができず、派遣切りにもあい、お給料も低く、、今回こそは転職します。

 

 

 

今回いくつか面接して、AWSや全く違うアプリ開発の会社様でした。

 

足元をすごいみてきて、ひどい発言をする面接官もいれば、穏やかに気持ちよく受け入れてくださり案件をおすすめしてくださる面接官もいました。

 

毎度面接を受けていて思うのですが、すごく上からくる面接官や、失礼な発言をする面接官はつくづくレベルの低い会社だなと思います。

 

そういうところは至って中小の焦っている会社がしているイメージです。

 

私は学生の頃も面接をいくつか受けたけど、足元見て失礼な発言する会社は本当に逆に足元見られてますよ、と言ってやりたい。

 

小さい会社にすっごい足元見られた発言をされたけど、すごい大きい組織に面接でお褒めの言葉をいただいて内定いただくことがある。

 

自分達の会社が看板背負ってると思って面接官をしてほしいと思います。

 

前者のあふぉな会社名と面接官の顔を覚えています。

 

そして後々自分が成長したときに、あんな所に行かず良かったと心で笑っているものです。

 

ちょっと話が逸れたけど、吐き出しブログでした。

何をしたいのかわからない。

昨日ベンチャーの起業家の26?27歳の男性と面接した。

 

面接早々、弊社には合わないのでお見送りさせていただきます。

エンジニア向いてないので、さっさとエンジニア辞めて、他で輝けるところ探した方がいいですよ。

 

とバッサリ言われた。

 

年下のガキに言われてなんだこいつ、ふざけんな。

 

と本心では思った。

 

思ったけど、言っていることはなんとなく間違ってはいないので、落ち着いた対応で話を聞いてみた。

 

経歴はある程度高く、自分でも努力はしてきた。

 

前職も注目を浴びるそれなりの仕事だった。

(あまりにも専門すぎて他の仕事で活かせない。)

 

 

ただ、夢破れ挫折をした自分には今、何も残っていないし、何をしたい何が向いているのかさえ、わからない。

 

 

昨日の彼に言われ印象的だったのは

「そらはさんは、きっとやったら出来ちゃうんでしょうね。だから向いてなくてもやってしまうと出来てしまうから選択肢が増えて、向いてないけどそこをやろうとしてしまっている。」

 

この言葉は結構刺さったし、自分でもそれを自覚している。

 

常々、本当にやりたいことはなんだろう、と考えるのだけれど、わからない。

 

ただ、組織に疲れて、在宅ワークをしたくて、ITを選んだのが理由。

 

自分は対人関係に疲れやすいし、一度10代の頃苦い思いをしているので、どうしても集団行動に苦手意識がついている。

けれど本質はコミュニケーションや人前で活躍することが好きな自分もいる。

 

 

 

 

 

 

そして彼は「コミュニケーション能力はあるので、上流工程のマネージャーやコンサルに進んだらどうです?」

 

ただ自信がないことを伝えたら、

 

外見もコミュニケーションも並程度にあるのだろうけど、何より自信がない。

 

自信なくて、だからこそ経歴も頑張ったんじゃないですか?

ということに話が行き着いた。

 

確かに、それも外れてはいない。そして逆にその経歴が邪魔することさえある。

 

 

 

 

 

 

話が逸れたけど、

 

今回の面談をして、思ったのが、

 

自信がなくても失敗してもいいから、合っていなくても良い。

 

 

まずは挑戦してみようと思う。

 

 

確かにエンジニアとして一生生活しようとは思っていなく、いつかその先に見える何かをしたいと思っている。

 

 

 

 

 

まとまりのない文になったけど、今回はここまで。

 

続きはまた書きます。

 

 

 

 

 

あと、

アクセス数を見ていて、増えています。

 

見てくださっている人、ありがとうございます。

 

コメントやいいね?みたいな機能で是非アクションくださると嬉しいです。

 

 

いつか、インフルエンサーになりたい。

 

 

人生の道が塞がった時 今日は美容院

今日は久々の美容院に行った。

 

今月は有給使い切るのと、足りないのは欠勤になるため、普段の給料より安く

来月より仕事がなくなるため、お金に関してはなるべく使えないのだけど、、、

 

それでもやっぱり美容院に行くのは大切だと思う。

 

すごく長かった髪を15cmくらい切って結構短くなった。。

 

インナーカラーをしたくって、来週インナーカラーするかもしれない。

 

人生の道が塞がっている時、気持ちがどん底の時、

あなたはどう過ごしますか?

 

うちに籠ることも大切かもしれませんが、私は少しでも気持ちが明るくなることをするのは大事だと思う。

たとえお金がかかってしまっても、大事な必要なことだと思う。

 

 

あと、今日は職場まで行き、貸与物を返してきた。

 

女上司に切られ、省かれ、本当にしんどかった。

今月いっぱい出社したかったけど、これ以上行ったら鬱になるので、

もういかないと、決めた。

 

その決断も勇気だ。

そして返却物を返し、もう全て終わった。

 

汚い人間、さようなら!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

小さな世界で小さな人間たちと幸せに楽しく過ごしてくださいね!!!!